30年前の交友していた友人と不貞、不貞期間は1年、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.18
原告
以後Xと表記
配偶者【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
有責配偶者【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
相姦者【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H8.9、約18年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】

不貞開始時期及び期間
H25.3~、約1年

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
30年程前頃、A【有責配偶者】Y【相姦者】は友人グループの一員として交友したことがあった。
YはAに配偶者がいることを知っていた。
H25.3頃からAYは同居し、本訴提起後も同居を継続し、解消する意向を有していない。

この事案における特殊性等
A【有責配偶者】がX【原告】に対して離婚を求める調停を申し立てた後、XがY【相姦者】に対して本件訴訟を提起した。

その後夫婦の婚姻関係
H24.12.27別居
H25.12.24離婚調停【不成立】

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額100万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】キャバクラで出会い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は700万円、認定額は380万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はキャバクラで知り合う。A【夫】はY【女】のためにマンションを賃借し、そこに住まわせ不貞行為を行った。

【夫の不貞】ホステスとの不倫、不貞期間は約15年、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、ホステスをしていた女【被告】と知り合った夫【有責配偶者】が女の勤務先に訪れるようになった。H4頃から同居した。

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、期間は9年半、慰謝料請求額は500万円、認定額は300万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH15.3頃に知り合い、間もなく性交渉を含む交際を開始したが、同年9月頃にX【妻】に発覚し交際を一旦解消した。

【妻の不貞】夫の暴力が別居の原因、慰謝料請求額は762万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23秋頃、X【夫】はY【男】の会社との間で自宅に太陽光発電システムを導入する商談をした際にY【男】と知り合い、次第に家族ぐるみ...

【妻の不貞】不貞期間は5か月、慰謝料請求額は1375万円、認定額は0円

この事案における特殊性等X【夫】A【妻】は協議離婚に際し、離婚に伴う清算合意をし、A【妻】は合意に基づく12...