【夫の不貞】不貞発覚後も関係を継続、期間は約22年、慰謝料請求額は1100万円、認定額は440万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.7.8
原告
以後Xと表記
妻【51歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【57歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H元.4.17、約24年
夫婦の子の有無 子【22歳、X2】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H3.7~H24、約22年

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
H5に不貞関係がX【妻】に露見した後も、A【夫】Y【女】はX【妻】を欺く態様で不貞関係を継続した。

この事案における特殊性等
婚姻上の義務を観念することができない配偶者以外の者との関係では、不貞行為は、不貞行為者が害意をもって損害を生じさせるなど特段の事情のない限り、不法行為を構成しないとしてX2【子】の請求は認められなかった。

その後夫婦の婚姻関係
婚姻関係を継続

判決
慰謝料の請求額X【妻】、X2【子】に対して1100万円【連帯債務】→判決による認定額X【妻】に対して440万円【連帯債務】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】不貞期間は5か月、慰謝料請求額は1375万円、認定額は0円

この事案における特殊性等X【夫】A【妻】は協議離婚に際し、離婚に伴う清算合意をし、A【妻】は合意に基づく12...

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、期間は9年半、慰謝料請求額は500万円、認定額は300万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH15.3頃に知り合い、間もなく性交渉を含む交際を開始したが、同年9月頃にX【妻】に発覚し交際を一旦解消した。

【妻の不貞】インターネットで知り合い不貞期間は3日、慰謝料請求額は500万円、認定額は110万円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】が生活費の困窮等に不満を抱きX【夫】の暴力等を警察署に訴えて相談していたが、具体的な別居の予定もなかったことから...

【夫の不貞】元妻からの請求、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【現妻】は小学校の同級生であり、遅くとも、H8以降から同窓会を通じて交流があった。遅くともH16.1頃には交際を開始し....

【夫の不貞】お見合いパーティーで出会う、慰謝料請求額は双方に500万、認定額は夫のみ250万

交際の経緯、積極性等、H22.8.1お見合いパーティーで出会うH22.12.3から夫婦同然の生活を開始した