【夫の不貞】学会主催のワークショップで知り合い不貞期間は2年、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.5.28
原告
以後Xと表記
妻【42歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【46歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、30歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H9.1、約15年
夫婦の子の有無 子【14歳】
子【7歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H22.7~、約2年

不貞行為当時の夫婦関係
特段の問題がない

交際の経緯、積極性等
H21秋、学会主催のワークショップにて知り合う。Y【女】が学位を取得するための事実上の指導をA【夫】が行うことになった。
YはAが婚姻していることを知っていた。

この事案における特殊性等
Y【女】はA【夫】に強姦されたと主張し、その供述内容によればきわめて深刻かつ重大な被害を受けたことになるが、YA間で交わされたメールからはY【女】が積極的にA【夫】との接触を望むなど、親密な様子がうかがわれるものであるため、Y【女】の主張は採用されなかった。
X【妻】は本件により鬱病の診断を受け通院加療をしている。

その後夫婦の婚姻関係
一旦離婚を申し出るが、子供のために思いとどまる。

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額100万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】工場のアルバイトで出会い不貞期間は5年半、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、X【夫】とY【男】は面識がありZの紹介によりA【妻】はY【男】の勤める工場でアルバイトを始めた。Y【男】は...

【夫の不貞】大学の同期生との不貞、慰謝料請求額は300万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、大学の同期生。2人で会食をしたり恋愛感情を表現するようなメールを送ったりした。

【夫の不貞】同じ小学校の教諭の不貞、期間は3年、慰謝料請求額は550万円、認定額は275万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同じ小学校の教諭である。Y【女】A【夫】は2人で旅行する、自動車内で性交渉を行うなど、不貞行為を繰り返した。

【夫の不貞】ゲストハウスで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は66万円

この事案における特殊性等、H24.5.8にはA【夫】の不貞を確信していたX【妻】がA【夫】と同居し、A【夫】との子を出産していることから、X【妻】はA【夫】...

【夫の不貞】大学時代の元恋人で不貞期間は1か月、慰謝料請求額は592万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】は大学時代にA【夫】とサークルで出会い交際していた。H24.5頃から9年ぶりにフェイスブックで連絡を取...