【夫の不貞】職場の同僚と不貞期間は2年、慰謝料請求額は500万、認定額は200万

裁判所 東京地裁
判決日 H27.1.30
原告
以後Xと表記
妻【49歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【49歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、38歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H元.1.18、約26年
夫婦の子の有無 長女【22歳】
長男【21歳】
次男【19歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.6頃~、約2年

不貞行為当時の夫婦関係
破綻はしていない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は同僚でありY【女】はA【夫】が妻帯者であることを知っていた。
A【夫】が不貞関係を主導している。

この事案における特殊性等
Y【女】は、A【夫】との関係はH24.12末までに終わったなど、
虚偽の主張・供述を重ねており、不誠実である。
A【夫】はX【妻】に月額30万円を送金していたが、X【妻】が離婚に応じないと、
その報復のように送金額を15万円に半減させ、
その後、8万円にまで減額させたため、
X【妻】は生活費や子供の学費の支払に四苦八苦している。

その後夫婦の婚姻関係
H25.1.1、A【夫】はアメリカに単身赴任する際、
同行を望んだX【妻】を拒否している。
A【夫】は弁護士を介して離婚を求めている。

判決
慰謝料の請求額500万→判決による認定額200万

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】起業家交流サークルで出会い、不貞期間は1年、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、H25.4.8、A【妻】Y【夫】は起業家交流サークルの交流会で知り合う。フェイスブックメッセージにはAYの間に肉体関係を含む親密な...

不貞期間は1年5か月、相姦者は結婚している事を知っていた、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

この事案における特殊性等、Y【相姦者、被告】は答弁書その他書面を提出しない。

【夫の不貞】父親づてで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は1億1000万、認定額は330万

交際の経緯、積極性等、Y【女】の父は病気であるA【夫】の父をサポートしており、Y【女】は、父亡き後、H16.8頃、墓参りに訪れたA...

時効により不法行為不成立、慰謝料請求額は140万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H23.1.19、自家用車内で会い、性行為又は類似行為をした。

【夫の不貞】不貞期間は5年、慰謝料請求額は300万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、H18.12.18頃Y【女】がA【夫】に対してメールしたことで知り合う。H20.8頃からキスするようになった。