【夫の不貞】職場の同僚と不貞期間は2年、慰謝料請求額は500万、認定額は200万

裁判所 東京地裁
判決日 H27.1.30
原告
以後Xと表記
妻【49歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【49歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、38歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H元.1.18、約26年
夫婦の子の有無 長女【22歳】
長男【21歳】
次男【19歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.6頃~、約2年

不貞行為当時の夫婦関係
破綻はしていない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は同僚でありY【女】はA【夫】が妻帯者であることを知っていた。
A【夫】が不貞関係を主導している。

この事案における特殊性等
Y【女】は、A【夫】との関係はH24.12末までに終わったなど、
虚偽の主張・供述を重ねており、不誠実である。
A【夫】はX【妻】に月額30万円を送金していたが、X【妻】が離婚に応じないと、
その報復のように送金額を15万円に半減させ、
その後、8万円にまで減額させたため、
X【妻】は生活費や子供の学費の支払に四苦八苦している。

その後夫婦の婚姻関係
H25.1.1、A【夫】はアメリカに単身赴任する際、
同行を望んだX【妻】を拒否している。
A【夫】は弁護士を介して離婚を求めている。

判決
慰謝料の請求額500万→判決による認定額200万

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】高校時代の先輩後輩、不貞期間は10ヵ月、慰謝料請求額は500万円、認定額は130万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は高校時代の先輩、後輩である。少なくとも2回ホテルで同宿し、不貞関係を持った。

【夫の不貞】同じ小学校の教諭の不貞、期間は3年、慰謝料請求額は550万円、認定額は275万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同じ小学校の教諭である。Y【女】A【夫】は2人で旅行する、自動車内で性交渉を行うなど、不貞行為を繰り返した。

【妻の不貞】風俗嬢と客、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H17.11頃、Y【男】は風俗店を利用した際、風俗嬢としてA【妻】が派遣されてきて知り合う。H20頃、A【妻】は受取額が少なくなるから...

【妻の不貞】同じ職場での不貞、期間は1か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同じ職場に勤めていた。

【夫の不貞】クリニック経営者と従業員との不貞、期間は15年、慰謝料請求額は1500万円、認定額は500万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はA【夫】経営のクリニックにY【女】が入社し、知り合う。Y【女】はA【夫】が...