【夫の不貞】会社で知り合い不貞期間は2年3か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.4.24
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【被告、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.4.21、約12年8か月
夫婦の子の有無 長女【11歳】
長男【7歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.4~26.7、約2年3か月

不貞行為当時の夫婦関係
A【夫】はH24.3頃に自宅を出ているが、X【妻】はA【夫】が実家にいると思っていたこと、
A【夫】がX【妻】の要請で自宅に帰ったことがあること、A【夫】はX【妻】に生活費を送金し続ていたことから破綻はしていない。

交際の経緯、積極性等
H23.6頃、A【夫】はY【女】の勤務する会社に就職し、Y【女】と知り合う。
H25.4頃には夫婦同然の生活をしていた。

この事案における特殊性等
Y【女】については人証申請が撤回され、同人の陳述書の内容は反対尋問を経ておらず、にわかに信用できない。

その後夫婦の婚姻関係
H24.12.19離婚調停【不調】
H25.10.1離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額330万円【連帯債務】→判決による認定額165万円【慰謝料150万円、弁護士費用15万円、連帯債務】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】銀座のクラブで出会い不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は200万円、認定額は120万円

交際の経緯、積極性等、H23.5頃、Y【女】が勤務していた銀座のクラブにA【夫】が来店し知り合った。Y【女】はA【夫】に配偶者がいるこ...

【夫の不貞】旅行や外出をし、不貞期間は2年、慰謝料請求額は1000万円、認定額は500万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はH20.3頃知り合い、2人で外出や旅行をした。Y【女】はA【夫】に対して強い愛情を表現する手紙を作成した。AYは...

【夫の不貞】職場で出会い不貞の期間は4年半、慰謝料請求額500万、判決による認定額100万

交際の経緯、積極性等、職場にて出会う。H16.10.10、職場のOB会にて再会。性交は認められないが性的行為を行っていた。

【妻の不貞】少年団の活動で出会う、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、少年団の活動で知り合う。H22.12頃から結婚を前提に交際していた。

【夫の不貞】同じ歯科クリニックの同僚、期間は1年、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は歯科クリニックに勤める同僚である。H24春頃から2人で食事やドライブに行くようになった。X【妻】からの交際中止...