【夫の不貞】相手に不貞行為中止を求めても応じず、慰謝料請求額は704万円、認定額は352万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.4.27
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H2.12.2、約24年
夫婦の子の有無 子二人
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24~、約2年

不貞行為当時の夫婦関係
円満であった。

交際の経緯、積極性等
H25.7、X【妻】が不貞行為中止を求めてY【女】にメールを送ったが、Y【女】は返答せず、不貞行為を継続した。
H26.6.19,X【妻】がY【女】のもとに赴き不貞行為中止を求めても、Y【女】は応じなかった。

この事案における特殊性等
Y【女】は口頭弁論期日に出頭しない。

その後夫婦の婚姻関係

判決
慰謝料の請求額564万462円、調査費用140万4260円→判決による認定額352万円【慰謝料250万円、弁護士費用32万円、調査費用70万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受ける、慰謝料請求額は300万円、認定額は30万円

交際の経緯、積極性等,デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受けた。

【夫の不貞】ブログで知り合い不貞期間は1年10ヵ月、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、X【妻】A【夫】が交際中のH24.7頃、A【夫】がY【女】のブログにコメントを書き込んだことで...

【妻の不貞】起業家交流サークルで出会い、不貞期間は1年、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、H25.4.8、A【妻】Y【夫】は起業家交流サークルの交流会で知り合う。フェイスブックメッセージにはAYの間に肉体関係を含む親密な...

【妻の不貞】ソープランドの従業員と客の不貞、慰謝料請求額は386万4000円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,ソープランドで働いていたA【妻】は、H26.6頃、客として訪れたY【男】と出会った。Y【男】はA【妻】が既婚者だと知っていた。

【夫の不貞】不貞期間は4年、慰謝料請求額は300万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は、H21.5頃交際を開始し、H25.8.9以降は同棲している。