【妻の不貞】オーストリアで出会い、不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は150万円

裁判所 東京地裁
判決日

H27.8.7

原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H9.11頃~H12頃
H23.2~、約5年

不貞行為当時の夫婦関係
A【妻】はH8~10頃、ウィーンに留学していたが、A【妻】に誘われたX【夫】が1年間と共に暮らすなど、平穏な婚姻生活を送っていた。

交際の経緯、積極性等
Y【男】はH9.8~10.9にウィーンに滞在しており、A【妻】と会った。
H9.11、Y【男】はA【妻】が婚姻していることを知りながら不貞関係を持った。

この事案における特殊性等
Y2【Yの妻】はH26.1、A【妻】X【夫】を被告として慰謝料請求の訴えを提訴し、H26.11.20、100万円の限度で認容された。
Y【男】はY2【Yの妻】の求めに応じて作成したA【妻】との関係を記載した文書をX【夫】にも交付したが、これはX【夫】の精神的苦痛を大きくする行為であり、不法行為である。
XAの婚姻関係は維持されているが、苦悩しつつ関係を維持するということもあり得るのであり、X【夫】がA【妻】の行為を宥恕したとはいえない。

その後夫婦の婚姻関係
婚姻関係を継続

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額150万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。

【妻の不貞】工場のアルバイトで出会い不貞期間は5年半、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、X【夫】とY【男】は面識がありZの紹介によりA【妻】はY【男】の勤める工場でアルバイトを始めた。Y【男】は...

【妻の不貞】幼馴染との不貞、慰謝料請求額は1億1822万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はA【妻】と幼馴染でありX【夫】A【妻】の結婚パーティに友人として出席していた。H22.9.19A【妻】Y【男】は不妊治療中のク...

【妻の不貞】夫の友人との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】はH22.8頃から実家に戻ったままあまり自宅に帰らなくなり、12.26にはマンションを貸借した。H23.1.20、婚姻関係は破綻し...

【内縁の夫の不貞】自治会活動を通じて知り合い不貞期間は1か月、慰謝料請求額は1100万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同じ学校に通っており、同学校の自治会活動を通じて知り合った。H24.5中旬頃、Y【女】は...