【夫の不貞】出会い系サイトで出会い不貞期間は2年半、慰謝料請求額は275万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.8
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【39歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、24歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H13.5、約14年
夫婦の子の有無 長女【5歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H23.9初旬~H26.3下旬、約2年半

不貞行為当時の夫婦関係
婚姻関係は良好であった

交際の経緯、積極性等
H23.6、出会い系サイトにて知り合う。その後交際を開始し、8月中旬、不貞行為をした。
23.9初旬、Y【女】はA【夫】から婚姻している事実を打明けられたが、関係を継続した。

この事案における特殊性等
X【妻】はY【妻】宛ての通知書の中で、A【夫】と離婚するつもりはない旨述べている。
Y【女】のLINEのデータによると、YはA【夫】に対し、X【妻】に離婚の話をするかどうか早期に決断するよう繰り返し催促していた。

その後夫婦の婚姻関係
H27頃別居

判決
慰謝料の請求額275万円→判決による認定額100万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】クリニック経営者と従業員との不貞、期間は15年、慰謝料請求額は1500万円、認定額は500万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はA【夫】経営のクリニックにY【女】が入社し、知り合う。Y【女】はA【夫】が...

勤務先で知り合い不貞期間は1年、請求額は300万円、認定額は150万円

この事案における特殊性等、X【配偶者】はAY間のLINEのトーク履歴を不貞の証拠として提出したが、これはA【有責配偶者】が電子メールの添付ファイルと...

【妻の不貞】同僚との不貞、慰謝料請求額は550万円、認定額は99万円

この事案における特殊性等,A【妻】は証人として採用され、2回呼び出しを受けたが出廷しなかった。不貞関係がないとすれば誤解を解くために証言すると思...

【夫の不貞】組合にて知り合い、不貞期間は3年4か月、慰謝料請求額は560万円、認定額は264万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が加入し、理事を務めている組合にY【女】が事務職員として雇用され、知り合う。H22.7.23不貞関係を開始し、月1ないし2回の...

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。