【夫の不貞】出会い系サイトで出会い不貞期間は2年半、慰謝料請求額は275万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.8
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【39歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、24歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H13.5、約14年
夫婦の子の有無 長女【5歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H23.9初旬~H26.3下旬、約2年半

不貞行為当時の夫婦関係
婚姻関係は良好であった

交際の経緯、積極性等
H23.6、出会い系サイトにて知り合う。その後交際を開始し、8月中旬、不貞行為をした。
23.9初旬、Y【女】はA【夫】から婚姻している事実を打明けられたが、関係を継続した。

この事案における特殊性等
X【妻】はY【妻】宛ての通知書の中で、A【夫】と離婚するつもりはない旨述べている。
Y【女】のLINEのデータによると、YはA【夫】に対し、X【妻】に離婚の話をするかどうか早期に決断するよう繰り返し催促していた。

その後夫婦の婚姻関係
H27頃別居

判決
慰謝料の請求額275万円→判決による認定額100万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】外国人交流パーティで出会う、不貞行為は1回、慰謝料請求額は330万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【男】Y【妻】は、H25.12.外国|人との交流を謳ったパーティーで知り合った。

【夫の不貞】会社の同僚で不貞期間は2か月、慰謝料請求額は660万円、認定額は275万円

この事案における特殊性等X【妻】が負担した調査費用100万円は、A【夫】が不貞行為の存在を認めていなかったこと...

【夫の不貞】職場で出会い不貞の期間は4年半、慰謝料請求額500万、判決による認定額100万

交際の経緯、積極性等、職場にて出会う。H16.10.10、職場のOB会にて再会。性交は認められないが性的行為を行っていた。

【妻の不貞】妻側から交際を申し込み不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は66万円

この事案における特殊性等,A【妻】は仕事を優先し、X【夫】との間の子供を望まなかったため、婚姻後、性交渉がなかった。A【妻】はH25.3.13以降、他の男性と...

【夫の不貞】不貞相手はファンでイベントで出会う、不貞期間は16年、慰謝料請求額は330万円、認定額は132万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】はA【夫】のファンであり、イベントに参加し、ライブの手配をするようになった。H23.2までAYは年3回程度肉体関係を持ってい...