【夫の不貞】高校時代の先輩後輩、不貞期間は10ヵ月、慰謝料請求額は500万円、認定額は130万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.11
原告
以後Xと表記
妻【60歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【57歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、56歳、Y】
夫婦の婚姻期間 S60、約27年
夫婦の子の有無 長女【27歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H22.12.18~、約10ヵ月

不貞行為当時の夫婦関係
Aの女性下トラブルが多かったが夫婦の共同生活が存続してきており
H22.2末にA【夫】が離婚を申し出ても、9月に離婚調停を申し立てても、寝室は別れても、基本的に従前どおりの生活が継続された。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は高校時代の先輩、後輩である。少なくとも2回ホテルで同宿し、不貞関係を持った。

この事案における特殊性等
H24.4の別居は、Y【女】との不貞関係が直接の原因とまで認めるに足りる証拠はない。

その後夫婦の婚姻関係
H24.4別居
11.28離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額130万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】工場のアルバイトで出会い不貞期間は5年半、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、X【夫】とY【男】は面識がありZの紹介によりA【妻】はY【男】の勤める工場でアルバイトを始めた。Y【男】は...

【妻の不貞】仕事関係で出会い不貞期間は7年、慰謝料請求額は2000万、認定額は180万

交際の経緯、積極性等、妻【有責配偶者】の会社が男【被告】の勤務会社に建設工事を依頼し、そこで出会う。男【被告】は妻【有責配偶...

【妻の不貞】ソープランドの従業員と客の不貞、慰謝料請求額は386万4000円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,ソープランドで働いていたA【妻】は、H26.6頃、客として訪れたY【男】と出会った。Y【男】はA【妻】が既婚者だと知っていた。

【夫の不貞】ITスクールの講師同士の不貞、慰謝料請求額は330万円、認定額は198万円

この事案における特殊性等.X【妻】は、Y【女】が慰謝料の支払いを免れるため、A【夫】の名誉を傷付ける内容の虚偽の事実を告げたことによって、より一層...

【夫の不貞】勤務先で出会い不貞期間は6年4か月、慰謝料請求額は1000万、認定額は150万

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】の勤務先のパート従業員でありA【夫】の誘いに応じて交際が始まった。A【夫】はY【女】に高価...