【夫の不貞】不貞相手はファンでイベントで出会う、不貞期間は16年、慰謝料請求額は330万円、認定額は132万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.11
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 S46.1.12、約43年
夫婦の子の有無 長男【42歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H10頃~、約16年

不貞行為当時の夫婦関係
X【妻】A【夫】の同居期間は長くはないが、同居しつつそこから離れて活動している期間が長いという側面があり破綻していない。

交際の経緯、積極性等
Y【女】はA【夫】のファンであり、イベントに参加し、ライブの手配をするようになった。
H23.2までAYは年3回程度肉体関係を持っていた。H23.3、X【妻】がY【女】を非難する手紙を送付したが、その後もYはAのイベントに参加した。

この事案における特殊性等
YはH23.1.28以前のものは消滅時効が完成していると主張したが、X【妻】はAYの不貞のみならず、それによってX【妻】A【夫】が離婚するに至ったことについて担害賠償の請求をしているので、損害が最終的に発生したのはH26.4.7の離婚の日であり、消滅時効は完成していない。

その後夫婦の婚姻関係
H26.4.7協議離婚

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額132万円【慰謝料120万円、弁護士費用12万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】仕事以外で接触しないことを約束したにもかかわらず連絡を継続、慰謝料請求額は330万円、認定額は130万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はA【妻】に夫がいることを知りながら不貞関係を結んだ。

【夫の不貞】経営する飲食店にて出会う、期間は8か月、慰謝料請求額は400万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】経営の飲食店にA【夫】の友人がY【女】を連れてきて知り合う。Y【女】はA【夫】の...

30年前の交友していた友人と不貞、不貞期間は1年、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,30年程前頃、A【有責配偶者】Y【相姦者】は友人グループの一員として交友したことがあった。YはAに配偶者がいることを知っていた...

【夫の不貞】旅行や外出をし、不貞期間は2年、慰謝料請求額は1000万円、認定額は500万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はH20.3頃知り合い、2人で外出や旅行をした。Y【女】はA【夫】に対して強い愛情を表現する手紙を作成した。AYは...

【妻の不貞】同僚との食事がきっかけ、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同僚との食事をきっかけにして交流を持つようになり、H24.7、A【妻】は本件...