【妻の不貞】インターネットで知り合い不貞期間は3日、慰謝料請求額は500万円、認定額は110万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.11
原告
以後Xと表記
夫【40歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【35歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H23.11.23、約3年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.8.5~8.8、約3日

不貞行為当時の夫婦関係
A【妻】が生活費の困窮等に不満を抱きX【夫】の暴力等を警察署に訴えて相談していたが、具体的な別居の予定もなかったことから、破綻していない。

交際の経緯、積極性等
A【妻】Y【男】はインターネットを通じて知り合う。

この事案における特殊性等
H26.12.18、別件調停においてA【妻】はX【夫】に対し、A【妻】の不貞行為が破綻の一因であることを認めて謝罪している。
別件調停においてA【妻】はX【夫】に対し慰謝料40万円を支払うことで調停離婚しているが、この合意によって、XがY【男】に対する債権をも免除放棄したものとは解されない。

その後夫婦の婚姻関係
H25.8.12別居
12.18調停離婚

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額110万円【慰謝料100万円、弁護士費用10万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】夫の暴力が別居の原因、慰謝料請求額は762万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23秋頃、X【夫】はY【男】の会社との間で自宅に太陽光発電システムを導入する商談をした際にY【男】と知り合い、次第に家族ぐるみ...

【妻の不貞】中学のクラス会で再会し不貞期間は半年、慰謝料請求額は2400万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は中学校の同級生であり、H23.10頃のクラス会で再会した。H24.8には一緒に旅...

【夫の不貞】不貞相手はファンでイベントで出会う、不貞期間は16年、慰謝料請求額は330万円、認定額は132万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】はA【夫】のファンであり、イベントに参加し、ライブの手配をするようになった。H23.2までAYは年3回程度肉体関係を持ってい...

【妻の不貞】ミクシィで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は88万円

交際の経緯、積極性等、ミクシィを通じて知り合い、お互いに配偶者がいることを知りながら不貞行為をおこなった。

【夫の不貞】女が勤務する飲食店で出会う、慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH22頃までに、Y【女】の勤務していた飲食店で知り合った。