【夫の不貞】夫が不貞相手に暴力を振るい有罪判決、慰謝料請求額は440万円、認定額は77万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.2.18
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H22.7.7、約4年5か月
夫婦の子の有無 長男
次男
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H26.3末頃~H27.2末頃、約1年

不貞行為当時の夫婦関係
X【妻】は本件不貞行為を知らなかった

交際の経緯、積極性等
H26.3初旬A【夫】Y【女】は知り合い、同月末頃交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを認識していした。
H26.6頃、Y【女】がA【夫】に対して、離婚しないのであれば別れたいと伝えたところ、A【夫】に暴力を振るわれるようになり、別れられなかった。

この事案における特殊性等
A【夫】はY【女】に対して傷害及び住居侵人の罪を犯し、それが原因で本件不貞行為は終了した。この件でA【夫】は、H27.7.8有罪判決を受けた。X【妻】はA【夫】に損害賠償を請求するつもりがないことが認められる。

その後夫婦の婚姻関係
H26.12.24離婚

判決
慰謝料の請求額440万円→判決による認定額77万円【慰謝料70万円、弁護士費用7万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】組合にて知り合い、不貞期間は3年4か月、慰謝料請求額は560万円、認定額は264万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が加入し、理事を務めている組合にY【女】が事務職員として雇用され、知り合う。H22.7.23不貞関係を開始し、月1ないし2回の...

【妻の不貞】同僚との食事がきっかけ、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同僚との食事をきっかけにして交流を持つようになり、H24.7、A【妻】は本件...

【夫の不貞】女が勤務する飲食店で出会う、慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH22頃までに、Y【女】の勤務していた飲食店で知り合った。

【妻の不貞】1回だけ性交渉を持った。既婚者であることを知ったのは性交渉を持った後、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】はH24.6終わりから7初旬頃に飲食店で一緒に呑んだことで知り合った。

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。