【妻の不貞】不貞発覚後も親密な関係にあった、不貞期間は4年9ヶ月、慰謝料請求額は230万円、認定額は110万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.16
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.3.31、約13年
夫婦の子の有無 長男【12歳】
長女【10歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H19.11~H24.8、約4年9ヶ月

不貞行為当時の夫婦関係
X【夫】A【妻】はH19.1.19に協議離婚し、同年11.14に復縁した。X【夫】が生計を維持し、A【妻】が家事及び育児を担い、またXA間に性交渉があったなどから、破綻していたとは認められない。

交際の経緯、積極性等
H24.4~8の間に少なくとも3回性交渉を持った。H24.8.24、Y【男】はX【夫】に対して同じ過ちをしない旨が記載された念書に署名押印したが、その後もA【妻】Y【男】は親密な関係にあった。

この事案における特殊性等
X【妻】A【夫】は不貞発覚後も婚姻生活を継続し、離婚に至ったのはX【夫】がA【妻】の携帯電話(Y【男】と連絡を取っている)を取り上げた翌日であった。

その後夫婦の婚姻関係
H25.4.8協議離婚

判決
慰謝料の請求額220万円→判決による認定額110万円【慰謝料100万円、弁護士費用10万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】夫の友人との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】はH22.8頃から実家に戻ったままあまり自宅に帰らなくなり、12.26にはマンションを貸借した。H23.1.20、婚姻関係は破綻し...

【妻の不貞】不貞期間は1年8か月、慰謝料請求額は3000万円、認定額は80万円

交際の経緯、積極性等,H15.6下旬から交際を開始し、殆んど毎日会っていた。H17.3.4はすれ違いのあるメールが送信されている。

【夫の不貞】夫が不貞相手に暴力を振るい有罪判決、慰謝料請求額は440万円、認定額は77万円

交際の経緯、積極性等,H26.3初旬A【夫】Y【女】は知り合い、同月末頃交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを認識していした。

【夫の不貞】デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受ける、慰謝料請求額は300万円、認定額は30万円

交際の経緯、積極性等,デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受けた。

【妻の不貞】慰謝料請求額は150万円、認定額は0円

この事案における特殊性等,X【夫】が離婚訴訟を委任した弁護士(被告)の事実確認が適切でなかったために、Y【男】はA【妻】との不貞関係をY【男】の父に...