日本での探偵業と海外での違いと社会的地位

日本での探偵業と海外での違いと社会的地位

日本全国にある探偵社及び民間調査会社は探偵業の業務の適正化に関する 「法律」(探偵業法)が施行されました。
(2007年6月から探偵業法が施行 され、全国で届出が義務化される)
それまでは、 事務所も持たす自宅の電話1本と名刺だけを作り開業している業者が多かったそうです。

欧米諸国の探偵は「プライベートアイ」と呼ばれており日本では無資格(届出) 探偵社の営業が可能なのに対し
アメリカの探偵は国家資格があり弁護士と同じレベルの有資格者で社会的地位があります。

犯罪捜査にも警察と協力できますし、 逮捕権も持っています。日本の探偵とは大きな違いがありますね。

探偵 (調査業)の社会的地位を上げるのも私たちの使命とも言えますね。

探偵に依頼する浮気調査のメリットとデメリットは?

浮気調査のメリット・ 浮気の事実確認ができる・ 法的に有効な証拠を集めてくれる・ 浮気相手の事が知れる、浮気調査のデメリット...

おすすめのカメラは?

おすすめは下記のものです。ソニーのビデオカメラになります。HDR-CX680

家庭内別居は悪意の遺棄に該当する?

悪意の遺棄とは、同居義務・協力義務・扶助義務に反している場合に該当します。家庭内別居の場合、同居している状態なので悪意の遺棄...

性の不一致、セックスレスなどの場合、離婚できる?

性的趣味が異なっていたり、強要したり、拒み続けている場合は婚姻を継続できない理由であると判断される可能性があります。

過剰な宗教活動がある場合、離婚できる?

問題ない範囲で宗教活動を行っているのであれば、離婚の理由とは認められません。過度であり、夫婦生活に支障をきたしていることが条...