探偵としての義務と要点

探偵としての義務と要点

主に下記の通りです。

  • 守秘義務・秘密の保持
  • 何事にも先入観を持たない
  • 知識を悪用しない

守秘義務・秘密の保持

これは情報を商品とする探偵としては常に認識しておかなければならない項目であり
探偵である以上は絶対に守らなければならないことです。

調査で知り得た情報は一切口外してはなりません。

調査により入手した資料が外部に漏れるようなことがあってはなりません。

何事にも先入観を持ってはならない

はじめから「こうである」 「こうだろう」という考えを持たず、 全てをフラットにして考えていかなければなりません。

先入観をもって調査をすると失敗に終わる可能性が高くなります。

常に物事の考え方をリセットできる癖をつける必要があります。

知識を悪用しない

あらゆる情報収集のノウハウが身につきます。

私たちは決してこのノウハウを悪用してはなりません。

無断で離婚届けを出すとどうなる?

離婚届けを偽造したのであれば、文書偽造罪として刑事罰に問われる可能性があります。事前に双方がそれぞれ署名捺印をしていたと...

どんなベテラン探偵でも見失うシチュエーションがある?

主に下記の通りです。車で尾行する場合信号や交通状況、警戒していてさらに人気のない住宅街であまり近づけない、電車から車に乗り換え,,,

離婚後も今の家に住み続けることは可能?

夫婦間の話し合いによって決めなければなりません。家を所有しているのであれば、財産分与という問題になり、住み続けたいのであれば...

養育費をもらう側が働けるのに無職の場合は?

相手方が働こうと思えば働けるのに、収入が0として算出するのは不当です。このような場合、潜在的稼働能力があるものとして収入を...

自分で調査する方法はどんな方法がある?

GPS発信機を使った自分での浮気調査方法、自分で調査する方法を解説してる記事がありますので詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。