【妻の不貞】LINEで知り合い不貞期間は7か月、慰謝料請求額は550万、認定額は330万

裁判所 東京地裁
判決日 H27.1.9
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.10.19、約13年9ヶ月
夫婦の子の有無 長男【20歳、Aの連れ子】
次男【13歳】
長女【9歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.8、約8ヵ月

不貞行為当時の夫婦関係
X【夫】は生死の境をさまよう大病を患い、家族の支えを必要としていた。
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
LINEで知り合う。
A【妻】に夫がいることを承知しており
X【夫】とは自分が話をつける、
自分がA【妻】と子らの面倒を見るなどと述べていた。

この事案における特殊性等
Y【男】はX【夫】からの連絡を一方的に断っており
内容証明郵便にも反応しない。
また、答弁書その他の提出しない。

その後夫婦の婚姻関係
H26.7.20別居
H23.8.20離婚調停

判決
慰謝料の請求額550万→判決による認定額330万【慰謝料300万、弁護士費用30万】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】慰謝料請求額は150万円、認定額は0円

この事案における特殊性等,X【夫】が離婚訴訟を委任した弁護士(被告)の事実確認が適切でなかったために、Y【男】はA【妻】との不貞関係をY【男】の父に...

【夫の不貞】夫が不貞相手に暴力を振るい有罪判決、慰謝料請求額は440万円、認定額は77万円

交際の経緯、積極性等,H26.3初旬A【夫】Y【女】は知り合い、同月末頃交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを認識していした。

【妻の不貞】中学のクラス会で再会し不貞期間は半年、慰謝料請求額は2400万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は中学校の同級生であり、H23.10頃のクラス会で再会した。H24.8には一緒に旅...

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。

【夫の不貞】双方に配偶者あり、損害賠償請求をし合わないことを決めた

不貞行為当時の夫婦関係、婚姻したばかりであった。