【妻の不貞】職場の上司、不貞期間は1か月、慰謝料請求額は600万、認定額は300万

裁判所 東京地裁
判決日 H27.1.30
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H16.6.6、約9年
夫婦の子の有無 長男【9歳】
長女【3歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.11.22~、約1か月

不貞行為当時の夫婦関係
幸せな家庭生活を送っていた

交際の経緯、積極性等
Y【男】はA【妻】の上司。
2人で飲酒をした際にY【男】が主導的にA【妻】と不適切な関係を持った上、
それを材料にA【妻】に対して暗に離婚を求めるなどした。

この事案における特殊性等
X【夫】が仕事を辞めざるを得なくなった原因の一つに本件不貞行為があったこと、
探偵事務所に対する調査費用、
Y【男】の対応がX【夫】に誠意が伝わるようなものではなかったことが掛酌された。
A【妻】がX【夫】に支払った解決金550万円は、
夫婦の実質的な共有財産の清算などであり、
X【夫】のY【男】に対する本件損害賠償請求権との関係は認められなかった。

その後夫婦の婚姻関係
H24.12.28別居
H25.10.1協議離婚

判決
慰謝料の請求額600万→判決による認定額300万

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】妻は精神科医による治療を余儀なくされた、慰謝料請求額は385万円、認定額は170万円

交際の経緯、積極性等,H26.11,A【夫】Y【女】は仕事を共にしてから交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知っていた。

【夫の不貞】バスケットボールでの知人との不貞、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はバスケットボールを共通の趣味とする知人だった。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知っていた。

【妻の不貞】不貞発覚後も親密な関係にあった、不貞期間は4年9ヶ月、慰謝料請求額は230万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,H24.4~8の間に少なくとも3回性交渉を持った。H24.8.24、Y【男】はX【夫】に対して同じ過ちをしない旨が記載された念書に署名押印し...

【夫の不貞】ホステスとの不倫、不貞期間は約15年、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、ホステスをしていた女【被告】と知り合った夫【有責配偶者】が女の勤務先に訪れるようになった。H4頃から同居した。

【夫の不貞】職場で出会い不貞期間は1年半、慰謝料請求額は550万、認定額は165万

交際の経緯、積極性等、職場の新潟支店にて知り合う。A【夫】が東京本店に戻り、X【妻】に不貞行為が発覚した後も東京新潟間を行き来...