【妻の不貞】仕事関係で出会い不貞期間は7年、慰謝料請求額は2000万、認定額は180万

裁判所 東京地裁
判決日 H26.11.4
原告 夫【64歳、原告】
不貞当事者【配偶者】
不貞当事者【被告】 男【被告】
夫婦の婚姻期間 約34年
夫婦の子の有無 長男【34歳、原告2】
長女【32歳、原告3】
次男【29歳、原告4】
三男【19歳、原告5】
不貞当事者間に子供がいたか なし
被告から原告に対する謝罪の有無等 H17.9、男【被告】は夫【原告】に謝罪するとともにもう二度と会わないという誓約書を書いた。しかしその後も関係を継続した。

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H17夏頃~、約7年

不貞行為当時の夫婦関係
妻【有責配偶者】が婚姻関係を破綻させる意思を有していたとは認められない

交際の経緯、積極性等
妻【有責配偶者】の会社が男【被告】の勤務会社に建設工事を依頼し、そこで出会う。
男【被告】は妻【有責配偶者】に夫と子らがいることを認識していた。

この事案における特殊性等
子らの請求については、原告2-4は既に成人しているため法的保護に値する権利又は法律上保護される利益が侵害されたものとは認めることができない。
原告5は未成年であるが、当時妻【有責配偶者】において原告5を監護できる関係にあり
また男【被告】においても害意があった等の特段の事情を認めるに足りる証拠はない。

その後夫婦の婚姻関係
H24.9.4.離婚

判決
慰謝料の請求額、原告1に対して2000万、原告2-5に対して各300万→判決による認定額、原告1に対して180万、原告2-5に対して0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受ける、慰謝料請求額は300万円、認定額は30万円

交際の経緯、積極性等,デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受けた。

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

この事案における特殊性等,A【夫】は、不貞行為と離婚との間に相当因果関係なしとして争ったが認められなかった。

【妻の不貞】不貞発覚後も親密な関係にあった、不貞期間は4年9ヶ月、慰謝料請求額は230万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,H24.4~8の間に少なくとも3回性交渉を持った。H24.8.24、Y【男】はX【夫】に対して同じ過ちをしない旨が記載された念書に署名押印し...

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。

勤務先で知り合い不貞期間は1年、請求額は300万円、認定額は150万円

この事案における特殊性等、X【配偶者】はAY間のLINEのトーク履歴を不貞の証拠として提出したが、これはA【有責配偶者】が電子メールの添付ファイルと...