不貞期間は1年5か月、相姦者は結婚している事を知っていた、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.5.27
原告
以後Xと表記
配偶者【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
有責配偶者【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
相姦者【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H24.5.19、約3年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
不明

不貞開始時期及び期間
H24.6.22~H25.11.9、約1年5か月

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
Y【相姦者、被告】はXAが婚姻している事を知っていた。

この事案における特殊性等
Y【相姦者、被告】は答弁書その他書面を提出しない。

その後夫婦の婚姻関係
夫婦関係が冷め切っている。

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額200万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】スナックで出会い、不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は28万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】が勤務するスナックで知り合う。

【夫の不貞】銀座のクラブで出会い不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は200万円、認定額は120万円

交際の経緯、積極性等、H23.5頃、Y【女】が勤務していた銀座のクラブにA【夫】が来店し知り合った。Y【女】はA【夫】に配偶者がいるこ...

【夫の不貞】バスケットボールでの知人との不貞、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はバスケットボールを共通の趣味とする知人だった。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知っていた。

【妻の不貞】風俗嬢と客、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H17.11頃、Y【男】は風俗店を利用した際、風俗嬢としてA【妻】が派遣されてきて知り合う。H20頃、A【妻】は受取額が少なくなるから...

【妻の不貞】慰謝料請求額は800万円、認定額は120万円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】はH24.1.9と5.24に不貞行為をした。また、その前後にキスや抱擁を交わした。