【夫の不貞】お見合いパーティーで出会う、慰謝料請求額は双方に500万、認定額は夫のみ250万

裁判所 東京地裁
判決日 H26.11.14
原告 妻【45歳】
不貞当事者【配偶者】 夫【被告】
不貞当事者【被告】 女【被告、独身】
夫婦の婚姻期間 H元.7.20、約15年
夫婦の子の有無 長男【23歳】、長女【5歳】、次女【3歳】
不貞当事者間に子供がいたか なし
被告から原告に対する謝罪の有無等 なし

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
女【被告】の不法行為不成立、H22.8~

不貞行為当時の夫婦関係
H21.10から別居している
H22.12.3は破綻していない
H23.12.7以降は破綻が認められる

交際の経緯、積極性等
H22.8.1お見合いパーティーで出会う
H22.12.3から夫婦同然の生活を開始した

この事案における特殊性等
女【被告】が夫婦の婚姻関係が継続している可能性を認識したと認められるのは
H23.12.7に夫【有責配偶者】が申し立てた離婚無効確認等の調停の申立書を読んだ時点であり
その頃には夫婦間の婚姻関係は破綻していたと認められる。

その後夫婦の婚姻関係
H22.12.2、夫【有責配偶者】が偽造離婚届けを提出
H25.6.18、離婚無効判決
H25.7.5、同判決確定

判決
慰謝料の請求額、夫、女連帯して500万→判決による認定額、夫に対して250万、女に対して0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】フィリピンパブの客と従業員、慰謝料請求額は1100万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】は、H22にA【妻】が働いているフィリピンパブで出会った。

【妻の不貞】男は配偶者がいることを知りながら不貞行為、慰謝料請求額は220万円、認定額は116万円

交際の経緯、積極性等,H26.5頃から、Y【男】はA【妻】に配偶者がいることを知りながら深夜、性行為に及んだ。

【夫の不貞】夫婦間で些細な事で口論になることが多かった、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH23に仕事で一緒になって知り合った。

【妻の不貞】同僚であり以前の不貞は和解済、業務上の接触により認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同僚である。H24.11~H25.1の間の不貞行為についてはH25.2.18に和解合意書を...

御神輿の集まりで知り合い、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H25.5、御神輿の集まりを通じて知り合った。Y【相姦者】はA【有責配偶者】が既婚者であることを知っていた。