時効により不法行為不成立、慰謝料請求額は140万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.3.17
原告
以後Xと表記
配偶者【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
有責配偶者【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
相姦者【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H13、約10年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】

不貞行為当時の夫婦関係

不貞開始時期及び期間
H23.1.19、時効

交際の経緯、積極性等
H23.1.19、自家用車内で会い、性行為又は類似行為をした。

この事案における特殊性等
X【原告】は、H23.1.19、車両におけるY【有責配偶者】とA【相姦者】との行動を見てその様子を写真撮影し、
また、Y【相姦者】の氏名及び住所を知ったことが認められるので、その日が消滅時効の起算日である。

その後夫婦の婚姻関係
H23.5.23離婚

判決
慰謝料の請求額140万円→判決による認定額0万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】幼馴染との不貞、慰謝料請求額は1億1822万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はA【妻】と幼馴染でありX【夫】A【妻】の結婚パーティに友人として出席していた。H22.9.19A【妻】Y【男】は不妊治療中のク...

【夫の不貞】キャバクラで出会い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は700万円、認定額は380万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はキャバクラで知り合う。A【夫】はY【女】のためにマンションを賃借し、そこに住まわせ不貞行為を行った。

【妻の不貞】インターネットで知り合い不貞期間は3日、慰謝料請求額は500万円、認定額は110万円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】が生活費の困窮等に不満を抱きX【夫】の暴力等を警察署に訴えて相談していたが、具体的な別居の予定もなかったことから...

【妻の不貞】妻側から交際を申し込み不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は66万円

この事案における特殊性等,A【妻】は仕事を優先し、X【夫】との間の子供を望まなかったため、婚姻後、性交渉がなかった。A【妻】はH25.3.13以降、他の男性と...

【夫の不貞】元妻からの請求、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【現妻】は小学校の同級生であり、遅くとも、H8以降から同窓会を通じて交流があった。遅くともH16.1頃には交際を開始し....