【夫の不貞】風俗店で知り合い不貞期間は11か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は60万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.7.27
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 S50、約39年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等 H26頃、Y【女】は謝罪する文書、今後A【夫】とは接触しない旨の誓約書をX【妻】に送付した。

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.10~、約11か月

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は、Y【女】が勤務していた風俗店にA【夫】が来店し、知り合う。
H25.10以降、Y【女】はA【夫】のY【女】に対する好意を認識していながら、店舗外での関係継続の求めに応じた。

この事案における特殊性等
A【夫】Y【女】はH22.9頃から肉体関係を持っていたが、それは店舗内であり、性的サービスの提供業務である。
Y【女】は誓約書に反してH26.8.25にA【夫】とレジャー施設に赴いたが、これはA【夫】が主導したことが認められ、X【妻】の精神的苦痛は主にA【夫】によるところが大きい。

その後夫婦の婚姻関係
同居している

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額60万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】キャバクラで出会い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は700万円、認定額は380万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はキャバクラで知り合う。A【夫】はY【女】のためにマンションを賃借し、そこに住まわせ不貞行為を行った。

【夫の不貞】妻は精神科医による治療を余儀なくされた、慰謝料請求額は385万円、認定額は170万円

交際の経緯、積極性等,H26.11,A【夫】Y【女】は仕事を共にしてから交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知っていた。

【妻の不貞】ソープランドの従業員と客の不貞、慰謝料請求額は386万4000円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,ソープランドで働いていたA【妻】は、H26.6頃、客として訪れたY【男】と出会った。Y【男】はA【妻】が既婚者だと知っていた。

【妻の不貞】離婚資金作りの為に風俗店に勤める、慰謝料請求額は457万円、認定額は30万円

交際の経緯、積極性等,H25.1頃から、A【妻】は離婚資金作りのためにX【夫】や親族らに秘して風俗店で勤務し始め、複数の男性と男女関係を持った。

【夫の不貞】携帯電話のメッセージで性的関係発覚、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知りながら交際を開始した。H25.4、AYは半同棲生活を開始した。