【妻の不貞】元交際相手との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.2.24
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H24.9.25、約3年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.11.24、以降の二泊

不貞行為当時の夫婦関係
円満だった。本件不貞行為前日に些細な事で口論をし、A【妻】は外泊した。

交際の経緯、積極性等
Y【男】はA【妻】の元交際相手。
H25.11.24、X【夫】がY【妻】に対してA【男】は自分と婚姻していることを通告しまたA【妻】に対して自宅に戻るように伝えたが、AYはX【夫】の制止を振り切りY【男】宅に入りそのまま2泊した。

この事案における特殊性等
Y【男】はX【夫】代理人からの連絡のみならず、本件訴訟においても何らの応答をせずX【夫】の請求額を受け入れているとみることもできる。

その後夫婦の婚姻関係
同居

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額100万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。

【夫の不貞】スナックで出会い、不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は28万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】が勤務するスナックで知り合う。

【夫の不貞】大学の同期生との不貞、慰謝料請求額は300万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、大学の同期生。2人で会食をしたり恋愛感情を表現するようなメールを送ったりした。

30年前の交友していた友人と不貞、不貞期間は1年、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,30年程前頃、A【有責配偶者】Y【相姦者】は友人グループの一員として交友したことがあった。YはAに配偶者がいることを知っていた...

【夫の不貞】取締役と保険の営業担当の不貞、期間は4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】はY【女】が保険の営業を担当している会社の取締役であり、Y【女】が担当になる前後から親しくなった。