【妻の不貞】仕事以外で接触しないことを約束したにもかかわらず連絡を継続、慰謝料請求額は330万円、認定額は130万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.3.10
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H23.5、約3年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H26.7頃~9、約2か月

不貞行為当時の夫婦関係
順調に婚姻生活を営んでいた。

交際の経緯、積極性等
Y【男】はA【妻】に夫がいることを知りながら不貞関係を結んだ。

この事案における特殊性等
H26.9、Y【男】はA【夫】に対し、A【夫】と仕事以外で接触しないことを約束したにもかかわらず、H26.12までの間、A【夫】との間の連絡を継続した。

その後夫婦の婚姻関係
離婚検討中

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額130万円【慰謝料120万円、弁護士費用10万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】離婚した後、婚姻する意思を有している、慰謝料請求額は660万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は同じ会社に勤務しており、面識があった。Y【女】はA【夫】からX【妻】との夫婦関係が良好でないと告げられ....

御神輿の集まりで知り合い、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H25.5、御神輿の集まりを通じて知り合った。Y【相姦者】はA【有責配偶者】が既婚者であることを知っていた。

【妻の不貞】仕事関係で出会い不貞期間は7年、慰謝料請求額は2000万、認定額は180万

交際の経緯、積極性等、妻【有責配偶者】の会社が男【被告】の勤務会社に建設工事を依頼し、そこで出会う。男【被告】は妻【有責配偶...

【妻の不貞】外国人交流パーティで出会う、不貞行為は1回、慰謝料請求額は330万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【男】Y【妻】は、H25.12.外国|人との交流を謳ったパーティーで知り合った。

【夫の不貞】ホステスとの不倫、不貞期間は約15年、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、ホステスをしていた女【被告】と知り合った夫【有責配偶者】が女の勤務先に訪れるようになった。H4頃から同居した。