【夫の不貞】同じ歯科クリニックの同僚、期間は1年、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.17
原告
以後Xと表記
妻【65歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【71歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、54歳、Y】
夫婦の婚姻期間 S47、約41年
夫婦の子の有無 長女【41歳】
次女【34歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.7.13~、約1年

不貞行為当時の夫婦関係
特段表立った問題もなかったが、円満でもない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は歯科クリニックに勤める同僚である。
H24春頃から2人で食事やドライブに行くようになった。X【妻】からの交際中止要請や本件提訴後も交際を継続している。

この事案における特殊性等
不貞関係の形成は、夫婦間に対する決定的な介入であるから、第三者において、相手方に配偶者がいることを認識していた以上、不貞関係を形成するに際しては、その配偶者の権利利益を害することのないよう十分に夫婦関係を把握すべきである。

その後夫婦の婚姻関係
H25.9別居、離婚調停【取り下げ】

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額165万円【慰謝料150万円、弁護士費用15万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】大学時代の元恋人で不貞期間は1か月、慰謝料請求額は592万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】は大学時代にA【夫】とサークルで出会い交際していた。H24.5頃から9年ぶりにフェイスブックで連絡を取...

【夫の不貞】女が勤務する飲食店で出会う、慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH22頃までに、Y【女】の勤務していた飲食店で知り合った。

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

この事案における特殊性等,A【夫】は、不貞行為と離婚との間に相当因果関係なしとして争ったが認められなかった。

【夫の不貞】知人と飲食をした際に知り合い不貞期間は5年、慰謝料請求額は373万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、H20頃、A【夫】は知人らと飲食した際にY【女】を紹介され、知り合った。その後6月頃にA【夫】が飲食店をオー...

【夫の不貞】夫婦間で些細な事で口論になることが多かった、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH23に仕事で一緒になって知り合った。