【妻の不貞】男は配偶者がいることを知りながら不貞行為、慰謝料請求額は220万円、認定額は116万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.28
原告
以後Xと表記
夫【34歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【42歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H20.10.13、約5年3か月
夫婦の子の有無 子【Aの連れ子、14歳】
長女【5歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H26.5~6頃、約2か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
H26.5頃から、Y【男】はA【妻】に配偶者がいることを知りながら深夜、性行為に及んだ。

この事案における特殊性等
X【夫】は子との同居生活ができなくなったが、離婚に際し、子との面会交流についての定めがなされており、今後も子との接触をなし得る。
X【夫】が今後新たな配偶者を得ることで苦痛の緩和がなされる可能性が相当程度考えられる。
X【夫】はA【妻】から慰謝料144万円の支払いを受けており、その分をY【男】の支払額250万円から控除する。

その後夫婦の婚姻関係
H26.7.24離婚

判決
慰謝料の請求額220万円→判決による認定額116万6000円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】仕事以外で接触しないことを約束したにもかかわらず連絡を継続、慰謝料請求額は330万円、認定額は130万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はA【妻】に夫がいることを知りながら不貞関係を結んだ。

【妻の不貞】不貞期間は2か月、慰謝料請求額は1100万円、認定額は55万円

交際の経緯、積極性等、Y【男】はA【妻】から家庭生活は既に壊れていると聞かされていたが、A【妻】がX【夫】及び子と同居していること...

【妻の不貞】職場の同僚で不貞行為不成立、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は職場の同僚である。相当に親密な関係にあったものと認められるが、A【妻】Y【男】はいずれも離婚に関わる問題を抱...

【妻の不貞】フィリピンパブの客と従業員、慰謝料請求額は1100万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】は、H22にA【妻】が働いているフィリピンパブで出会った。

【妻の不貞】同僚との不貞、慰謝料請求額は550万円、認定額は99万円

この事案における特殊性等,A【妻】は証人として採用され、2回呼び出しを受けたが出廷しなかった。不貞関係がないとすれば誤解を解くために証言すると思...