【妻の不貞】不貞期間は1年8か月、慰謝料請求額は3000万円、認定額は80万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.28
原告
以後Xと表記
夫【47歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【45歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H7.7.15、約18年4か月
夫婦の子の有無 なし
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等 あり

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H15.6下旬~H17.2頃、約1年8か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
H15.6下旬から交際を開始し、殆んど毎日会っていた。H17.3.4はすれ違いのあるメールが送信されている。

この事案における特殊性等
不貞行為の終了から婚姻関係の実質的破綻までの間に相当長期間が経過しており、A【妻】もY【男】に対する恋愛感情を全く失うのみならず、交際についての記憶が薄れ、X【夫】に対し繰り返し謝罪してやり直しを求めていたことが考慮された。

その後夫婦の婚姻関係
H25.11別居
H26.1離婚調停【不調】
H26.10離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額3000万円→判決による認定額80万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】少年団の活動で出会う、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、少年団の活動で知り合う。H22.12頃から結婚を前提に交際していた。

【夫の不貞】資格取得の研修で出会う、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H24.3頃、資格取得のための研修コースに参加し、知り合う。その後、仕事上の用事により…

【夫の不貞】職場で出会い不貞期間は2か月、慰謝料請求額は220万、認定額は0円

職場にて知り合う。Y【女】はA【夫】が既婚者である事を知っていた。H22.2、Y【女】の妊娠を知った、A【夫】の態度によりY【女】は...

【夫の不貞】ゲストハウスで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は66万円

この事案における特殊性等、H24.5.8にはA【夫】の不貞を確信していたX【妻】がA【夫】と同居し、A【夫】との子を出産していることから、X【妻】はA【夫】...

【妻の不貞】慰謝料請求額は150万円、認定額は0円

この事案における特殊性等,X【夫】が離婚訴訟を委任した弁護士(被告)の事実確認が適切でなかったために、Y【男】はA【妻】との不貞関係をY【男】の父に...