【夫の不貞】一方的に別居に踏み切る、慰謝料請求額は100万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.3.31
原告
以後Xと表記
妻【28歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【28歳、被告、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【Y】
夫婦の婚姻期間 H19.6、約5年半
夫婦の子の有無 長男【2歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.12.15頃~、約4か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はH24.10.25頃知り合い、頻繁にLINEのメッセージを送り合い、Y【女】はA【夫】が賃貸物件を探すのを手伝ったりした。
H24.11.25にY【女】がA【夫】を自宅に招いてYの両親と引き合わせるなど、AYはこの頃から親密な交際をしており、12.15にY【女】の父が保証人となったアパートに転居した頃以降は不貞関係にあった。

この事案における特殊性等
A【夫】はY【女】との交際を主たる目的として、X【妻】がA【夫】との関係修復を望む態度を示していたにもかかわらず、一方的に別居に踏み切り、その後は生活費の負担等、夫婦間の協力義務を果たすこともなかった。別居によってX【妻】が直ちに経済的に困窮したとの事情が、窺われないことを考慮しても、A【夫】による別居は悪意の遺棄として、X【妻】に対する不法行為に該当する。

その後夫婦の婚姻関係
H24.12.1別居
H25.3離婚調停

判決
慰謝料の請求額100万円→判決による認定額100万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】不貞期間は5年、慰謝料請求額は300万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、H18.12.18頃Y【女】がA【夫】に対してメールしたことで知り合う。H20.8頃からキスするようになった。

【夫の不貞】組合にて知り合い、不貞期間は3年4か月、慰謝料請求額は560万円、認定額は264万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が加入し、理事を務めている組合にY【女】が事務職員として雇用され、知り合う。H22.7.23不貞関係を開始し、月1ないし2回の...

【夫の不貞】双方に配偶者あり、損害賠償請求をし合わないことを決めた

不貞行為当時の夫婦関係、婚姻したばかりであった。

【妻の不貞】離婚資金作りの為に風俗店に勤める、慰謝料請求額は457万円、認定額は30万円

交際の経緯、積極性等,H25.1頃から、A【妻】は離婚資金作りのためにX【夫】や親族らに秘して風俗店で勤務し始め、複数の男性と男女関係を持った。

【夫の不貞】スナックで出会い不貞期間は約1年、慰謝料請求額は359万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】がY【女】勤務のスナックに入店し、知り合う。H24.11頃、A【夫】が酔ったY【女】をA【夫】宅に連れ込...