【内縁の夫の不貞】写真を求めるメールのやりとりを行う、慰謝料請求額は275万円、認定額は55万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.11.17
原告
以後Xと表記
内縁の妻【50歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
内縁の夫【被告、56歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【Y】
夫婦の婚姻期間 H24.8.8、婚約成立
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
内縁の夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
A【内縁の夫】がX【内縁の妻】宅に宿泊していたのは1週間の半分にも満たず、X【内縁の妻】はA【内縁の夫】のその他の行動を把握していなかったことから、内縁関係は成立していない。

交際の経緯、積極性等
H25.1半ば、A【内縁の夫】はY【女】に対し、性交渉を求めたり、写真を送ることを求めたりするメールをやり取りしていた。

この事案における特殊性等
XAの婚約解消の原因は、A【内縁の夫】Y【女】のメールのやりとりと、X【内縁の妻】A【内縁の夫】の生活習慣等の相違と性格の不一致である。

その後夫婦の婚姻関係
H25.1.30別居

判決
慰謝料の請求額275万円→判決による認定額55万円【慰謝料50万円、弁護士費用5万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】勤務する飲食店で出会い不貞期間は8か月、慰謝料請求額は660万円、認定額は352万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】が店長として働いていたデニーズ店にY【女】が勤務し知り合う。

【夫の不貞】学生時代にアルバイト先で出会い不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万、認定額は250万

交際の経緯、積極性等、A【夫】が大学生だった時にアルバイト先で知り合う。

勤務先で知り合い不貞期間は1年、請求額は300万円、認定額は150万円

この事案における特殊性等、X【配偶者】はAY間のLINEのトーク履歴を不貞の証拠として提出したが、これはA【有責配偶者】が電子メールの添付ファイルと...

【妻の不貞】夫の友人との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】はH22.8頃から実家に戻ったままあまり自宅に帰らなくなり、12.26にはマンションを貸借した。H23.1.20、婚姻関係は破綻し...

【妻の不貞】慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等、H25.11.26にA【妻】Y【男】は肉体関係をもった。