【夫の不貞】同じ小学校の教諭の不貞、期間は3年、慰謝料請求額は550万円、認定額は275万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.3.17
原告
以後Xと表記
妻【39歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【39歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、31歳、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H15.3.27、約10年
夫婦の子の有無 子【17歳、Xの連れ子】
子【10歳】
子【8歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

不貞開始時期及び期間
H22.2~25.4、約3年

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は同じ小学校の教諭である。
Y【女】A【夫】は2人で旅行する、自動車内で性交渉を行うなど、不貞行為を繰り返した。
Y【女】はA【夫】に親愛の情を示し、積極的に働きかけるメールを多数送っている。

この事案における特殊性等
本件不貞行為により、XはH25.7.8にうつ病と診断され、12.28には適応障害と診断された。
A【夫】Y【女】は不貞行為発覚後も密会を継続し、Y【女】はX【妻】に対してA【女】Y【夫】の性交渉の様子について得意げに語るなどした。

その後夫婦の婚姻関係
子どもの養育費等を考慮し離婚していない。

判決
慰謝料の請求額万550円、治療費等1万3470円→判決による認定額275万円【慰謝料250万円、弁護士費用25万円、】、治療費等1万3470円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】小学校の同級生との不貞、同窓会で再会、慰謝料請求額は550万円、認定額は165万円

この事案における特殊性等,A【夫】はH23.8下旬には自宅に帰らなくなり、同9頃から長女を無視するようになった。

【夫の不貞】入院した際に自身が妻と称し介護していた、不貞期間は9年、慰謝料請求額は1000万円、認定額は250万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は、遅くともH18頃には知り合い、しばしば夜を共にしていた。H23以降AYは共に旅行し、同じ部屋に宿泊していた。

【妻の不貞】妻側から交際を申し込み不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は66万円

この事案における特殊性等,A【妻】は仕事を優先し、X【夫】との間の子供を望まなかったため、婚姻後、性交渉がなかった。A【妻】はH25.3.13以降、他の男性と...

【夫の不貞】精神医学講座にて知り合う、夫は講師、慰謝料請求額は1500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が講師をしていた精神医学講座でY【女】が研修を受けて知り合った。その後Y【女】は同講座に助教授として所属した。

【妻の不貞】オーストリアで出会い、不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はH9.8~10.9にウィーンに滞在しており、A【妻】と会った。H9.11、Y【男】はA【妻】が婚姻していることを知りながら不貞関係...