【夫の不貞】同僚との不貞、発覚後も関係を継続、期間は7か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は275万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.3.17
原告
以後Xと表記
妻【34歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【44歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、43歳、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H18.7、約7年5か月
夫婦の子の有無 長女【7歳】
次女【3歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
喧嘩をした際、X【妻】がA【夫】に離婚届を渡したことが数回あったが、
その後も婚姻生活を継続しており、破綻していない。

不貞開始時期及び期間
H25.5.10~、約7か月

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は同僚である。
AYは不貞関係発覚後も関係を継続し、Y【女】はA【夫】の別居に合わせて食器を2人分購入した。

この事案における特殊性等
不貞行為自体には争いはなく、不貞行為開始時においてX【妻】A【夫】間の婚姻関係が破綻していたか否かが争点であった。

その後夫婦の婚姻関係
H25.12.25別居

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額275万円【慰謝料250万、弁護士費用25万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】夫の友人との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】はH22.8頃から実家に戻ったままあまり自宅に帰らなくなり、12.26にはマンションを貸借した。H23.1.20、婚姻関係は破綻し...

【夫の不貞】夫婦間で些細な事で口論になることが多かった、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH23に仕事で一緒になって知り合った。

【妻の不貞】夫の暴力が別居の原因、慰謝料請求額は762万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23秋頃、X【夫】はY【男】の会社との間で自宅に太陽光発電システムを導入する商談をした際にY【男】と知り合い、次第に家族ぐるみ...

【妻の不貞】不貞期間は1年8か月、慰謝料請求額は3000万円、認定額は80万円

交際の経緯、積極性等,H15.6下旬から交際を開始し、殆んど毎日会っていた。H17.3.4はすれ違いのあるメールが送信されている。

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。