【夫の不貞】不貞期間は9ヶ月、慰謝料請求額は591万3644円、認定額は257万6000円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.4.14
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【H25.7.11死亡、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H14.3.20、約11年4か月
夫婦の子の有無 娘【13歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
通勤の関係から別居していたが、精神的にも経済的にも協力しあう健全な婚姻関係であった。

不貞開始時期及び期間
H24.10~、約10ヵ月

交際の経緯、積極性等
H22.7頃に知り合い、A【夫】はY【女】の前夫との子を連れて旅行に行ったり、X【妻】へ養育費を支払わなくなった一方、Y【女】へは経済的な支援を行ったりした。
H24.10、A【夫】の癌が発覚してからのYの言動は、X【妻】A【夫】の関係を積極的に阻害するものであった。

この事案における特殊性等
Y【女】はA【夫】の死後に、A【夫】が経営していた会社の自動車を使用しており、
それによって生じた放置違反金1万円と駐車場使用料金6万6000円をX【妻】が支払っていたが、これらもY【女】によるX【妻】の損害と認められた。

その後夫婦の婚姻関係
X【妻】は病気のA【夫】を見舞ったり、介護する機会や生前に会う機会を失った。

判決
慰謝料の請求額591万3664円→判決による認定額250万円、放置違反金1万円、駐車場使用料金6万6000円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】同じ職場での不貞、期間は1か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同じ職場に勤めていた。

【夫の不貞】経営する飲食店にて出会う、期間は8か月、慰謝料請求額は400万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】経営の飲食店にA【夫】の友人がY【女】を連れてきて知り合う。Y【女】はA【夫】の...

【夫の不貞】職場で出会い不貞期間は1年半、慰謝料請求額は550万、認定額は165万

交際の経緯、積極性等、職場の新潟支店にて知り合う。A【夫】が東京本店に戻り、X【妻】に不貞行為が発覚した後も東京新潟間を行き来...

【夫の不貞】出会い系サイトで出会い不貞期間は2年半、慰謝料請求額は275万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H23.6、出会い系サイトにて知り合う。その後交際を開始し、8月中旬、不貞行為をした。23.9初旬、Y【女】はA【夫】から婚姻している...

【夫の不貞】飲食店経営の女との不貞、期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】は飲食店を経営しているY【女】と出会い、交際を開始した。