【妻の不貞】中学のクラス会で再会し不貞期間は半年、慰謝料請求額は2400万円、認定額は100万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.4.16
原告
以後Xと表記
夫【56歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【50歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、50歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H元6.19、約23年4か月
夫婦の子の有無 X2【22歳】
X3【22歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
H19にX【夫】の不貞関係がA【妻】に発覚し、良好とはいえない状態でああったが、
婚姻関係解消の話は全くされておらず、破綻はしていない。

不貞開始時期及び期間
H24.2頃~、約半年

交際の経緯、積極性等
A【妻】Y【男】は中学校の同級生であり、H23.10頃のクラス会で再会した。
H24.8には一緒に旅行に行っている。

この事案における特殊性等
A【妻】Y【男】の不貞関係発覚後のX【夫】の行為は極めて攻撃的で、自らに対する反省の意識は全くなく、
A【妻】に対する思いやりが全く感じられず、その人格さえも否定するような行動であり、離婚を決定的なものにした。
A【妻】とX2【子、22歳】X3【子、22歳】の交流を妨げているのはこれを拒否するX【夫】に主たる原因があるため、X2、X3の請求は棄却。

その後夫婦の婚姻関係
H24.9別居
10.7協議離婚

判決
慰謝料の請求額Xに対して1200万円、X2~3に対して各600万円→判決による認定額Xに対して100万円、X2~X3に対して0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】不貞相手はファンでイベントで出会う、不貞期間は16年、慰謝料請求額は330万円、認定額は132万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】はA【夫】のファンであり、イベントに参加し、ライブの手配をするようになった。H23.2までAYは年3回程度肉体関係を持ってい...

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、期間は9年半、慰謝料請求額は500万円、認定額は300万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH15.3頃に知り合い、間もなく性交渉を含む交際を開始したが、同年9月頃にX【妻】に発覚し交際を一旦解消した。

【妻の不貞】整骨院の経営者と従業員、不貞期間は2か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は135万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】は、H25.3頃からY【男】が経営する整骨院に勤務した。

【夫の不貞】妻は精神科医による治療を余儀なくされた、慰謝料請求額は385万円、認定額は170万円

交際の経緯、積極性等,H26.11,A【夫】Y【女】は仕事を共にしてから交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知っていた。

時効により不法行為不成立、慰謝料請求額は140万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H23.1.19、自家用車内で会い、性行為又は類似行為をした。