【夫の不貞】精神医学講座にて知り合う、夫は講師、慰謝料請求額は1500万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.1.29
原告
以後Xと表記
妻【45歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【46歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、36歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H7.10.14、約18年
夫婦の子の有無 子【3人、11~19歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
H25.3.10から別居していた。

交際の経緯、積極性等
A【夫】が講師をしていた精神医学講座でY【女】が研修を受けて知り合った。その後Y【女】は同講座に助教授として所属した。A【夫】はY【女】宅を訪れたり、Yとイベント会場へ行ったりした。

この事案における特殊性等
A【夫】はY【女】の居室に訪れる際、マンションのインターホンを使用せずにオートロックを開錠して入館しているが、その際撮影された写真からは、入口の見通しの妨げになり得る位置に駐車車両が存在していたこと、また、他日の訪問の際には入館方法について特段の記載がないことも考慮すると、A【男】がY【女】の居室の合鍵を所持していたと認め得るに足りない。
AYは共著の論文を執筆しており両名とも精神科医として就労していることから、仕事に関する雑談や家庭に関する相談等により滞在が長引いた可能性を否定できず、深夜に及ぶA【夫】のY【女】居室における滞在が性的関係を伴うものであったとまで推認することは困難である。

その後夫婦の婚姻関係

判決
慰謝料の請求額1500万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】大学時代の元恋人で不貞期間は1か月、慰謝料請求額は592万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】は大学時代にA【夫】とサークルで出会い交際していた。H24.5頃から9年ぶりにフェイスブックで連絡を取...

【妻の不貞】バレーボールチームの代表との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】は、H25.9末頃にA【妻】、長女及び二女が、同年12月頃X【夫】が参加するようになったバレーボールチームの代表を務めていた。

【夫の不貞】銀座のクラブで出会い不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は200万円、認定額は120万円

交際の経緯、積極性等、H23.5頃、Y【女】が勤務していた銀座のクラブにA【夫】が来店し知り合った。Y【女】はA【夫】に配偶者がいるこ...

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。

【妻の不貞】職場で出会い、慰謝料請求額は700万、認定額は50万

交際の経緯、積極性等、婚姻前に職場にて知り合う。2度、一切接触しないこと等を合意書 (公正証書)にて約したが、2度とも合意に反し、関...