【夫の不貞】デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受ける、慰謝料請求額は300万円、認定額は30万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.12.22
原告
以後Xと表記
妻【38歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【39歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H15.6.6、約11年
夫婦の子の有無 長女【6歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H20.10.21及び11.2

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
デリバリーヘルスの女性従業員から性的サービスを受けた。

この事案における特殊性等
X【妻】A【夫】の婚姻関係は本件不貞行為によって円満さを欠き始めたが、XAが別居するまでに5年以上が経過していること、H21.3に婚姻関係を継続することを確認し自宅を建築することを共に模索したこと等から、不貞行為によって完全に破綻したとは認められない。

その後夫婦の婚姻関係
H26.5別居
H26.9.9離婚調停【調停成立、慰謝料合意不成立】

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額30万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】同僚との不貞、発覚後も関係を継続、期間は7か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は275万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同僚である。AYは不貞関係発覚後も関係を継続し、Y【女】はA【夫】の別居に合わせて食器を2人分購入した。

【内縁の夫の不貞】自治会活動を通じて知り合い不貞期間は1か月、慰謝料請求額は1100万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同じ学校に通っており、同学校の自治会活動を通じて知り合った。H24.5中旬頃、Y【女】は...

【妻の不貞】子供のフットサルスクールで出会い不貞期間は4か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、Y【男】主催のフットサルスクールにX【夫】A【妻】の長男が通っていた。H26.9.4、A【妻】Y【男】は婚姻した。

【夫の不貞】不貞期間は5年、慰謝料請求額は300万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、H18.12.18頃Y【女】がA【夫】に対してメールしたことで知り合う。H20.8頃からキスするようになった。

【妻の不貞】外国人交流パーティで出会う、不貞行為は1回、慰謝料請求額は330万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【男】Y【妻】は、H25.12.外国|人との交流を謳ったパーティーで知り合った。