勤務先で知り合い不貞期間は1年、請求額は300万円、認定額は150万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.7.29
原告
以後Xと表記
配偶者【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
有責配偶者【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
相姦者【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.7、約14年
夫婦の子の有無 長女【14歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】

不貞開始時期及び期間
H25.9.24、約1年

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
Y【有責配偶者】がA【相姦者】の勤務先に入社したことで知り合う。Y【相姦者】はA【有責配偶者】に配偶者がいることを知っていた。
H25.9.24、AYは同居し、訴訟提起後も継続している。

この事案における特殊性等
X【配偶者】はAY間のLINEのトーク履歴を不貞の証拠として提出したが、これはA【有責配偶者】が電子メールの添付ファイルとしてY【相姦者】又は勤務先に送信したものを、配偶者としてA【有責配偶者】のメールアドレスを管理し得る立場にあったX【配偶者】が偶然発見したものであるとして違法収集証拠ではないとした。

その後夫婦の婚姻関係
H25.9.24別居

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額150万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】カラオケ教室の生徒との不貞、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【夫】がスナック経営をする傍ら開いていたカラオケ教室にY【女】が通い、A【夫】の指導を受けていた。

【妻の不貞】1回だけ性交渉を持った。既婚者であることを知ったのは性交渉を持った後、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】はH24.6終わりから7初旬頃に飲食店で一緒に呑んだことで知り合った。

【妻の不貞】不貞期間は1年、その他多数男性と関係を持つ、慰謝料請求額は330万円、認定額は88万円

この事案における特殊性等X【夫】はうつ病と診断され、経営していた会社を休業せざるを得なくなったが、その精神的苦痛はA【妻】の...

【夫の不貞】LINEでのメッセージが不貞行為の根拠に、慰謝料請求額は330万円、認定額は99万円

不貞行為当時の夫婦関係,H25年末からH26.1当時、A【夫】はY【女】以外の女性とも不貞関係にあり、X【妻】A【夫】の婚姻関係は相当程度悪化していた。

【妻の不貞】オーストリアで出会い、不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はH9.8~10.9にウィーンに滞在しており、A【妻】と会った。H9.11、Y【男】はA【妻】が婚姻していることを知りながら不貞関係...