【夫の不貞】会社の同僚で不貞期間は2か月、慰謝料請求額は660万円、認定額は275万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.3.24
原告
以後Xと表記
妻【44歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H11.8.23、約14年
夫婦の子の有無 長男【14歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
別居前はもちろん、別居後もXは円満調停を申し立てたり
関係修復に向けた具体的な提案をAにメールしたりしており破綻したとは認められない。

不貞開始時期及び期間
H25.1~、約2か月

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は会社の同僚である。

この事案における特殊性等
X【妻】が負担した調査費用100万円は、A【夫】が不貞行為の存在を認めていなかったことや、
調査の内容等に照らすと、金額には相当因果関係があると認められる。

その後夫婦の婚姻関係
H25.3.9別居

判決
慰謝料の請求額560万円、調査費用100万円→判決による認定額275万円【慰謝料150万円、弁護士費用25万円、調査費用100万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】飲食店で出会い不貞期間は10年、慰謝料請求額は1100万円、認定額は300万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はY【女】の勤めていた飲食店で知り合い、A【夫】が交際を申し込んだ。Y【女】はA【夫】に妻子...

【夫の不貞】携帯電話のメッセージで性的関係発覚、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知りながら交際を開始した。H25.4、AYは半同棲生活を開始した。

【妻の不貞】オーストリアで出会い、不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はH9.8~10.9にウィーンに滞在しており、A【妻】と会った。H9.11、Y【男】はA【妻】が婚姻していることを知りながら不貞関係...

【夫の不貞】不貞相手はファンでイベントで出会う、不貞期間は16年、慰謝料請求額は330万円、認定額は132万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】はA【夫】のファンであり、イベントに参加し、ライブの手配をするようになった。H23.2までAYは年3回程度肉体関係を持ってい...

【夫の不貞】キャバクラで出会い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は700万円、認定額は380万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はキャバクラで知り合う。A【夫】はY【女】のためにマンションを賃借し、そこに住まわせ不貞行為を行った。