【夫の不貞】頻繁に利用する飲食店で知り合い、不貞期間は数ヵ月、慰謝料請求額は550万円、認定額は242万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.6.15
原告
以後Xと表記
妻【47歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【49歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、37歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H5.3.14、約20年9ヶ月
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか 流產H22頃
流產H26.1.9
妊娠H26.7頃
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H22頃~、一時期
H25.8~、約数か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
H22頃A【夫】Y【女】はA【夫】が頻繁に利用していた飲食店で知り合い、その当時からY【女】はA【夫
】が婚姻していることを知っていた。

この事案における特殊性等
X【妻】はA【夫】の子を妊娠するためにH25.11まで不妊治療を継続し、離婚調停においても関係修復を望んでいた状況にあったが、そのことをA【夫】を通じて知っていたであろうY【女】はA【夫】との間で不妊治療を行い、A【夫】の子を今回は無事出産できる見込みが強いこと、交際において必ずしもA【夫】が主導していたとは認められないことが考慮された。

その後夫婦の婚姻関係
H25.12別居
H26.5.12離婚調停【不成立】

判決
慰謝料の請求額550万円→判決による認定額242万円【慰謝料220万円、弁護士費用22万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】バンド仲間との不貞、不貞期間は7か月、慰謝料請求額は550万、認定額は220万

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】のバンド仲間の一人であり、A【夫】に妻子がいることは当然知っていた。A【夫】Y【女】は同...

【妻の不貞】フィリピンパブの客と従業員、慰謝料請求額は1100万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】は、H22にA【妻】が働いているフィリピンパブで出会った。

【妻の不貞】外国人交流パーティで出会う、不貞行為は1回、慰謝料請求額は330万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【男】Y【妻】は、H25.12.外国|人との交流を謳ったパーティーで知り合った。

【妻の不貞】バレーボールチームの代表との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】は、H25.9末頃にA【妻】、長女及び二女が、同年12月頃X【夫】が参加するようになったバレーボールチームの代表を務めていた。

【夫の不貞】業務関係のパーティで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は300万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,H24.6、A【夫】Y【女】は業務関係のパーティーで知り合った。A【夫】はY【女】に対して結婚をほのめかしたり、婚姻届用紙を交付した...